駆除の方法|スズメバチ駆除は自分で行うと危険!駆除は専門業者に任せよう

駆除の方法

蜂の巣

スズメバチ駆除は殺虫剤を使用する

スズメバチ駆除を行う際は、殺虫剤を使用します。しかし、素人が殺虫剤を吹きかけて駆除を行うのはとても危険な行為です。むやみにスズメバチを刺激してしまうことで蜂の反撃にあってしまうからです。蜂の巣に近づくこともなるべく控えたほうが良いですが、もし大きさを確認する場合は肌を出さないようカッパや手袋を装着し、完全防備で近づくようにしましょう。

駆除の時間帯

スズメバチ駆除は夕方~夜の間に行うのがベストです。その際はライトなどを使用しないと見えないので、赤いセロハンなどを貼ったライトを使用して蜂を刺激しないように駆除作業に入ります。

蜂を駆除

駆除の流れとしては、まず巣から少し距離を取り、用意していた殺虫剤を吹きかけます。巣から蜂が出てきてもそのまま噴射し続けて、蜂の動きが止まるまで待ちます。だいたい1分ほどで蜂は弱り、ほとんどが殺虫剤によって駆除されます。しかし、生き残っている蜂がいる場合もあるので、巣の撤去作業も慎重に行っていきます。

巣を撤去する

蜂が弱まり動かなくなったら、いよいよ巣の撤去です。巣の撤去の際は、直接手で触れずに棒などを使用して袋の中に叩き落とします。袋に入れてしっかり結べば駆除作業は終了です。業者に依頼すると、このように徹底してスズメバチ駆除を行います。自分でこの作業をすると、とても危険なのでしっかりと業者に依頼するようにしましょう。

広告募集中